FidsCreate

ネットビジネスのコツ、パソコンお役立ち情報、旬の話題を取り上げていきます♪

立派な動画はカメラから!YouTubeなどの動画撮影に最適なカメラとは?

ネットビジネスYouTube, ビデオカメラ, 一眼レフカメラ, 動画撮影, 機材

人気YouTuberの動画などを見ていると高画質で音も鮮明。手持ち動画もブレが少ないですよね。

YouTuberがどのような機材を使用しているのか、どんなカメラが良いのか悩まれることと思います。(私は悩みました笑)

そこで今回は、これから動画投稿を始めようとしている初心者の方や、すでに動画を投稿しているものの、今のカメラに満足できず買い替えを考えている方の参考になればと思い、動画撮影におすすめのカメラをいくつかご紹介します。

※ニコニコ生放送などリアルタイム配信用のWebカメラも別の記事で取り上げます。

 

なぜコンパクトデジカメではダメなのか

ほとんどの家庭に1台はあるコンパクトデジカメ(コンデジ)。

「まずはコンデジから…」と考える方も少なくないようですが、コンデジでの動画撮影はあまりオススメできません。

 

コンデジは本来写真を撮影するためのもので、基本的に動画撮影はおまけの機能です。

動画を撮影することはできますが、画質は荒く音質も良くありません

手ブレ補正機能もあまり強力でないものがほとんどです。

動画を公開しても、不鮮明な映像では視聴者に内容が伝わりづらく、見てもらえる確率も下がってしまいます

 

ビデオカメラ VS 一眼レフカメラ

では、どんなカメラなら満足してもらえるのでしょうか。

一般的に高性能カメラとされている”ビデオカメラ”と”一眼レフカメラ”がありますが、

どちらの方が動画撮影に向いているかというと、圧倒的にビデオカメラの勝ちです。

 

一眼レフカメラは写真撮影に関しては他の追随を許しませんが、動画撮影となると話は別です。

動画撮影に特化したビデオカメラは手ブレ補正、動体へのフォーカス、音声録音、バッテリ持ちなどほぼ全てにおいて一眼レフカメラに勝っています

 

例外として、一眼レフカメラはレンズの種類が豊富で、被写界深度の浅い映像や広い画角での撮影が可能なため、ぼかしを生かすような映像や風景を撮る際は一眼レフに軍配が上がります。

 

おすすめのビデオカメラは?

ビデオカメラと言っても種類はたくさんありますし、どれを選べばよいか迷うことと思います。

そこで幾つかの機種をピックアップしていきたいと思います。

 

初心者~中級者向け → SONY HDR-CX485

  • フルハイビジョン対応
  • 光学式手ブレ補正
  • 高速AF(オートフォーカス)
  • 内蔵メモリ32GB

と動画撮影に必要な機能をしっかり搭載しています。

実売価格は4万円前後となっており、少しでも安く始めたい方、初めてのビデオカメラにオススメの機種です。

 

中級者、買い替えに → SONY HDR-CX675

基本機能は上に挙げたCX485と同様ですが、加えて

  • “新”空間光学手ブレ補正
  • AEシフト、ホワイトバランスシフト

といった機能が追加され、よりこだわった映像を撮影できます。

一歩進んだ映像や、手持ちで歩きながらの撮影をされる方にオススメです!

実売価格は4万5000~5万円くらい。

さらにプロジェクターを内蔵したHDR-PJ675(実売価格:5万5000円前後)もあります。

 

上級者向け → SONY FDR-AX40

こちらは上位機種のため、お値段がかなり跳ね上がりますが、相応の機能が搭載されています。

  • 4K撮影
  • 動画専用CMOSセンサー
  • ZEISSレンズ
  • 高速画質処理エンジン
  • 風ノイズ低減

まさにハイエンドモデルといった高性能っぷりです!風ノイズ低減なども地味ですがかなり嬉しい機能ですよね。

あの大人気YouTuber、HIKAKIN(ヒカキン)さんも愛用しているみたいです。

しかし、ここまで高画質になってくると、パソコンなども高スペックのものが必要になります。

処理性能が足りていないと編集時にソフトが固まるなどの問題が発生してきますので注意が必要です。

実売価格:8万円前後

 

固定メイン、プロ並みの写真も撮りたい方向け → Canon EOS70D

こちらはミドルクラスの一眼レフカメラですが、かなり高性能のため動画撮影にも強くなっています。

  • 高速AF
  • バリアングル液晶
  • 一眼レフならではの多彩なレンズ

と、なかなかの実力の持ち主です。

ちなみにバリアングルとは、自撮り時などに用いる画面を被写体側に回転できる機能です。

はじめしゃちょーさん瀬戸弘司さんはこのカメラをメインで使用しているようですね。

ただ、手持ちでの動画撮影時の手ブレを見ると、やはりビデオカメラには劣るかなといった印象。

三脚などに固定して撮影するのであればアリな選択だと思います!

写真撮るのにも最適ですしね!

私は固定メインですし、写真撮影が趣味なので、個人的にはこのカメラを選びます(笑)

ちなみに実売価格は8万円前後と一眼レフにしてはかなりリーズナブルです。

 

超重要な裏方!カメラ固定に必須な三脚

ここまでカメラについておすすめの機種を取り上げてきましたが、ここで固定撮影の超重要脇役「三脚」のおすすめを紹介します。

YouTubeなどの動画撮影時に重要なポイントは、

  • 最低地上高の低さ
  • グラつかない安定性
  • 野外撮影のための携行性

と思います。

「机に置いて撮影したいけれど、少しだけ高さがほしい」といったときには15cmほどの高さから撮影することもありますし、最大まで伸ばして撮影するときも、グラつかない安定性が必要です。

また、野外撮影時は移動があると思いますので、小さく折りたたんで持ち運べるといいですよね。

そこで私のおすすめする三脚はこちらです。

 

SLIK MINI II GM N

  • 最低地上高15cm
  • アルミボディー
  • レバー式ロック
  • 自由雲台によるフリーなアングル設定
  • 縮長35cmの携行性

全てにおいて問題なしの合格と言えるでしょう。

お値段は1万円強と高いイメージかもしれませんが、三脚の中ではリーズナブルな部類ですし、性能を考えるとコストパフォーマンスはかなり高いです。

写真撮影でも三脚はかなり重要ですが、動画となるとそれ以上に三脚から受ける恩恵は大きいです。

立て掛け撮りや100均三脚からのステップアップに、ぜひ検討してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

ここで紹介しているカメラはごく一部ですが、カメラ好きの私が調査した選りすぐりですのでかなりオススメです。

機会があれば家電量販店などで実機を触って選んでいただくと、一番良いと思います。

これからYouTubeを始める方、カメラ買い換えを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

投稿者プロフィール

どむ
どむITエンジニア Webデザイナー 写真家
撮影、画像・動画編集、プログラミング、Webデザイン、ショップ展開など、何でも手掛けるエンジニア 多趣味な性格なのです(-_-;)

YouTube, ビデオカメラ, 一眼レフカメラ, 動画撮影, 機材

Posted by どむ


PAGE TOP